オルニチン

4月23日がしじみの日である理由

蜆を全国で食べましょうという感じでいつしか出来たものがこの4月23日のしじみの日です。
そしてこの日にはしじみを食べましょうという呼び掛けがあったそうですね。
そこで蜆の豆知識なのですがこの貝が何故蜆と呼ばれるようになったかというと貝殻の模様が縮んでいることに因んで付けられました。

そして縮みという言葉で呼ばれていたものから現在のような蜆と言うようになったそうです。
これは4月23日にちなんでしじみということなのですが実は蜆というのはこの難しい一文字の蜆で表す前に4つの時に美しいと書いて四時美と読むようになりました。

これはしじみという貝が4つの季節に1年中取れる取れることからついたのですがこの貝は特に夏と冬によく食べられるようです。
更に驚くことにアサリよりもしじみの方が効果は高くあさりの栄養素の2倍以上もこの貝が持っているのです。
こんなに小さい身体の中にたくさんの栄養素が詰まってるものですからこの4月23日はしじみを食べるようにしましょうということなのでしょう。
特にこの貝というのはお酒を飲む人には手放せないくらいの肝臓を助けてくれる効果があるのでしじみと食べるのは大切なことなのかも知れませんね。
お酒のあとにしじみと覚えておきましょう。

このページの先頭へ