オルニチン

土用しじみは腹薬の詳細

土用は丑の日と言ってスタミナをつけるためにうなぎを食べる風習がある日本なのですが、このスタミナをつけるために夏はうなぎが人気でした。
そしてやはり同じ日に夏に蜆を食べるのはスタミナをつけるためであって、この時期には特に夏バテもしやすいためと言われているからです。
またしじみ自体の体内にはタウリンと呼ばれる疲労回復物質が詰まっているためにこの夏の時期のしじみは土用の蜆と呼ばれてよく食べられるようになったのです。

このタウリンとオルニチンは人間の体には欠かせない薬のようなものから服薬とついたのでしょうし実際にしじみにはたくさんの栄養素があるのです。
そしておそらくこのように呼ばれるようになったのはこの夏の時期と言うのは夏バテしやすい上にお酒を飲む量も増えるためにしじみを食べましょうと言うことだと思われます。
つまり昔から日本人はお酒をよく飲む傾向にあったようですね。

この時期はよくお酒を飲みますから肝臓をいたわってあげましょうと言う意味でお酒を飲む人にしじみを食べるように促すのだと解釈が出来ます。
このようにしじみは肝臓を助けてくれるという成分がたくさん入っていますのでしじみは腹薬というように食べる薬のように言われているのだと思います。


このページの先頭へ