オルニチン

しじみに対応される漢方薬膳レシピ

漢方とはゆっくり効いてくるものですから身体に害のあるような薬とは全く異なりますし副作用等も無いので安心して服用できるものです。
この漢方というものは即効性はないけれど、ゆっくり確実に効いてくるというのが漢方薬のいいところなのではないでしょうか。
ですからその薬のようなしじみは古くから人々に受け継がれてきて薬のような貝とも呼ばれるようになったのでしょう。

しじみというのは食べるうちに効いてくるようなものですから食べる漢方薬のようなものなのでしょう。
それではこのしじみを使ったレシピなのですが漢方として服用するのならしじみがたっぷりと入ったお味噌汁が一番簡単で毎日取りやすいです。
それから炒めて食べるのも美味しいのでバター醤油で焼いてそのままご飯などにかけたり、おつまみとして箸休めとして食べるなどもいい方法ですね。

他には細かく切って豆板醤やラー油などで絡めて食べるラー油風にして瓶に詰めておいてお粥などに乗せて食べても十分漢方薬膳として用いることができますよね。
他にもしじみ自体を食べるということが良いので、できるだけ汁物や身を食べられる料理にして食べることも良いようです。
このように上記で上げた以外にもご自分で工夫されて薬膳レシピを作られてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ