オルニチン

しじみが肝臓に優しい理由

しじみは昔からお酒を飲む人にはなくてはならない食べ物として有名ですから古くから人々に愛されてきました。
それというのもしじみにはオルニチンという成分が入っていますのでこれが肝臓の働きを助けてくれる大きな役割となるのです。
ではどのように摂るかというとしじみを買ってきて蜆汁だのにして食べるとその成分のオルニチンがそのまま肝臓の薬になるようです。

このしじみに含まれるオルニチンという成分はこの貝にはとても豊富に入っていますので食べることで摂取することができるのです。
ですからこの貝は昔から肝臓の薬などとしてもてはやされてきたのも納得がいく話ですね。

そしてしじみにはこの小さな体にたくさんの栄養素が詰まっていますのでできるだけほじくって食べるようにしましょう。
この実にもたくさん味噌汁の中には出なかった栄養素が詰まっているので汁を飲み終えたら食べるようにしてください。
そしてお酒を飲まれる方ならやはりしじみの成分がたくさん詰まったサプリメントがおすすめですがこれによりお酒に強い体をつくることができるのです。
ですからお酒を飲みすぎた時にはウコンなどもいいのですがしじみ汁などを作って翌日に飲むようにすると肝臓に効くので良いですね。
効果的にしじみを摂るコツを掴めばより良いでしょう。

このページの先頭へ